Home > 鉄腕アダム > 鉄腕アダム007

鉄腕アダム007

ここ数週間、蝶の姿は確認されずのどかで長い夏が続く。とはいえ僕が生まれたときには一年のうち最高気温が30℃を越える日は60日以上に達していて、比較すべき短い夏というものは経験したことがない。

僕の任務は蝶の軌道をエシュで解析して行われる。蝶が地球に近づくまで何度も軌道を計算し直し、その度に何回もシミュレーションを行う。最後の最後の修正は宇宙にあがった僕の判断で行う。エシュの計算はほとんど誤差はない。それでも幾分かの誤差があるときがある。でも地球は今も存在している。そして今までに失敗は存在しない。


「エシュにアクセスしてる時ってどんな感じ?」
屋内プールにイワンの声が響き渡る。プールの縁で水の砕ける音、夕方で僕の影は長い。
「なんで?」
天井を見据えたまま、イワンの体が水に浮いている。
「いや、シミュレーションしてるときの顔がやたらと神妙だからさ、まあくすくす笑われたらこっちも気味が悪いけど。」

体をくるりと反転させ平泳ぎをする。
薄暗い屋内プール、イワンの背中に答える。
「多分イワンには理解できないよ。」
「理解はできるよ、実感はできないけど。」
「理解ができて実感ができないってのがうまく理解できないな。」
「理解ができて実感ができないってのをうまく説明してやるよ。」

ーーーふん、なんだろう?

「アダム、前言ってただろ。音楽について」
「あ、ああ。そうか、わかった理解した。」
イワンは泳ぎをやめ振り向いた。
「わかるなよ(笑)」
「音の高さや音色、リズムやメロディは理解できるけど、ほ乳類を飛び級した僕の脳には何も感じない。」

影は伸びる。

「音楽はヒトが生まれる前に世界にあったという仮説、音楽という動物の言葉。人が音楽を生み出したと感じるのは傲慢な人間だ。このプールの水のようなもの、人間は音楽という水槽を泳ぐ魚さ。人間が音楽を支配なんてできやしない。」

「音楽を聴いている人たちは楽しそうで幸せそうだ。うらやましいよ、水族館で大きな水槽を眺める気分っていったら理解できる?」
「だったらお前も水に飛び込めばいい!」

イワンは僕の足を引っ張る。僕はバランスを崩しプールに落ちる。プールの底の青い光、無数の白い気泡。顔を水面からあげるとイワンが笑っている。

「油断したな!アダム!」
「……子供みたいだ」
「子供であることをやめなきゃいけないのは、大人が勝手に作ったルールだ。」
「その論理も子供みたいだ」

でも僕はイワンにつられて笑ってしまう、つくづく思う。イワンはとても頭のいい子供だ。そしてそれをよく理解している。よい大人よりずっとよい人間だ思う。

「泳げよ、アダム!」

イワンはプールの底を勢いよく蹴りクロールをしはじめる。水の砕ける音、水しぶきがあがり塩素の匂いがする。

その日僕は生まれて初めて泳ぐという事をした。泳ぎ方は本で読んで知っていて、すぐにイワンに追いついた。

Home > 鉄腕アダム > 鉄腕アダム007

Page Top