Home > 退屈な魂が感じる焦燥感

退屈な魂が感じる焦燥感

  • 2006-12-18 (月)

表現することで自分の存在が原子雲のように不確定なぶれをするような気がする。表現することをやめると自分の存在は消えてしまうように感じる。幽霊のような不思議なゲーム。誰かが僕を見つければ、あるいは僕が僕を見つければゲームは終わるだろうか?もしくは僕があなたを見つければ?ねえ、このゲームで優勝したらトロフィーはいったどこに飾ればいい?永遠などないはずなのに永遠を感じる?絶対などないはずなのに絶対を感じる?自分が存在していることを信じる方法って何?丁寧に縫い合わされたまぶたを切り裂いて、そこから流れ出る僕を、あなたは見ている。

Home > 退屈な魂が感じる焦燥感

Page Top