Home > ジャングルジム

ジャングルジム

  • 2006-03-26 (日)

一番古い記憶はジャングルジムの中から公園で遊ぶ子供達を眺めてる映像だ。
とにかく嘘を良くつく。
公園でペガサスにさらわれそうになって腹を蹴って逃げた。
弟は怖くて公園に行けなくなった。


僕の中には誰もいなくなって、みんなどこかへ逃げてしまった。
それとも知らないうちに長い時間が経過して死に絶えたのか。
いずれにせよ非常口の緑の明かりだけが誰もいない僕の中を照らしている。


読めない言葉が地面に散らばっている。
風化して粉々になった言葉だ。
踏むとぱりぱりと音をたてて風に巻かれてどこかへ消えた。

Home > ジャングルジム

Page Top