Home > Dive

Dive

  • 2005-06-25 (土)

なんで絵を描いてるのかっていうと壊したい自分がいるからって事になると思う。全部が全部そういう絵ではないけど、とにかくジブンシネジブンシネの絵が多分みんな嫌って感じるんだと思う。技術の絵、うまい絵ってのはくそくらえだと思うし、だから僕はものすごい技術力でスペースウンコを描く会田誠が好きだ。技術は精神に隷属すべきだと思う。技術に隷属する精神は痴呆だ。もし僕が技術を習得するならばそういう絵を破壊するための技術だと思うし。ただ壊して何も残らないのは絵じゃないし、ぶっちゃけ僕の壊した絵を再生するなりまた壊してくれたりする人がいないかなって思う。そしたらまた僕が壊すから。ネットで絵を描いて公開している人が沢山いるけどほとんどが同じような絵を描いててうんざりする。うまいんだけどね。うまい絵はとても退屈で、ただの記号に見える。筋肉、女の子、萌え、メカの記号。思考停止の象徴。

前もなんかで書いたけど、働かない働き蜂が存在する。集団で行動する動物には何パーセントかは必ずいるんだそうで、僕はそういう遺伝子を持ってると思う。とにかく満足出来ない、いつだって振り返ってみて自分がして来たことにうんざりする。完成されたシステムに対して反旗を翻し、平らになるまで破壊する。平らになったら僕の好きな形に砂山を作ればいい。そっからダイヴして死ね。

友達百人作るより、誰も登れない高いところに登れ。誰も浴びる事の無い朝日を浴びろ。孤独の夜に生きて、孤独の夜に死ね。燃え尽きろ。太陽よりも熱く、太陽よりまぶしく。

Home > Dive

Page Top